クレジットカード

楽天カードと何が違う?楽天プレミアムカードにする事で得られるメリットを解説

楽天プレミアムカードってどんなカード?

「楽天クレジットカードを作ろうと思ったら、何種類かあって、どれを作ったらいいのかわからない」

「今は楽天カードを使っているけれど、楽天プレミアムカードにアップグレードした方がお得かな?」

このように思われる方に楽天プレミアムカードの特徴についてご紹介していきます。

通常の楽天カードや、おすすめのポイントの使い方などについては別の記事にてご紹介しています。

よろしければご参照ください。

【2021年最新版】楽天のクレジットカード「楽天カード」の特徴についてシンプルに解説

【楽天プレミアムカードの特徴】

<基本情報>

年会費以外は楽天カードと同じです。

・年会費:11,000円(税込み)

・ポイント:楽天ポイント(通常ポイント、期間限定ポイント)

・ポイント還元率:1%還元(100円につき1ポイント)

・国際ブランド:Mastercard、VISA、JCB、American Express

・タッチ決済:Mastercard、VISAのみ対象

・付帯機能:楽天ポイントカード付帯、楽天Edy(電子マネー)選択可能

<7つのサービス>

①プライオリティ・パス

海外空港ラウンジサービスのことで、1,300カ所以上の空港ラウンジ(2019年12月現在)の利用ができる
会員制サービスに無料で申し込みができます。

しかも、プライオリティ・パスのプランの中でもランクの高いプレステージ会員同様のサービスを受けることができるため、
何回でも無料でラウンジの利用ができます。

②国内空港ラウンジ

成田国際空港をはじめ、30以上の国内空港ラウンジの利用が可能です。

③トラベルデスク

世界38拠点の現地デスクが下記のサポートをしてくれます。

・パスポートやカードの紛失・盗難、病気やケガなどの緊急時の案内

・現地、観光情報など様々な情報の紹介

・レストランやオプショナルツアーなどの各種予約や手配

※費用がかかるものや、内容によってサービス提供できないサービスもあります。
詳細は楽天カード会員専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」にて確認してください。

④国内・海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険:傷害死亡・後遺障害、ケガや病気、携行品の破損等の事故に対応(最大5,000万円)

国内旅行傷害保険:事故やホテル・旅館内での火災事故等に対して補償(最大5,000万円)

動産総合保険:1個1万円以上の購入商品が購入日より90日以内に破損、盗難、火災等の損害を被った場合に補償(最大300万円)

⑤楽天市場のお買い物がポイントアップ

SPU(スーパーポイントアッププログラム)が+2%
楽天市場利用ポイント1%、カード利用通常ポイント1%、楽天カード利用SPU1%と合わせて合計5%の還元率になります。

⑥選べる優待サービス3つ

楽天市場コース:毎週(火)(木)がプレミアムカードデーとなり、楽天市場でのお買い物ポイント+1%

トラベルコース:楽天トラベルでオンラインカード決済するとポイント+1%
楽天トラベル利用ポイント1%、楽天プレミアムカード決済1%と合わせて3%の還元率になります。
更に手荷物宅配サービスが年に2回まで利用できます。
(出発時、自宅などから空港へ、または到着時、空港から自宅などへの宅配無料クーポン)

エンタメコース:RakutenTV、楽天ブックスご利用ポイントがそれぞれ+1%

⑦お誕生月サービス

お誕生日月に楽天市場、楽天ブックス利用で+1%

【まとめ:楽天経済圏利用の方、よく旅行に行く方におすすめのカード】

楽天プレミアムカードは年会費が11,000円かかります。

この年会費分を楽天市場でのお買い物だけで元を取ろうとした場合、楽天市場コースを選び、買い物は(火)(木)に徹底し、
誕生日月の+1%も考慮して毎月3万円程度、年間にして36万円位の支払いが必要です。

楽天経済圏でがっつり利用予定がある方などはプレミアムカードはおすすめです。

また、よく旅行に行かれる方は空港のラウンジ利用、プライオリティパス、旅行保険、
更にトラベルコース選択で手荷物宅配無料などのサービスがたくさんある為、年会費以上の価値があると言えるのではないでしょうか。

ご自分の利用状況に合わせて楽天カードと楽天プレミアムカードどちらが良いか検討してみてください。

-クレジットカード

© 2021 キャッシュレス専門ブログ NobuRingo Powered by AFFINGER5