クレジットカード

【2021年最新版】楽天のクレジットカード「楽天カード」の特徴についてシンプルに解説

楽天カードは年会費無料で1%ポイント還元のとてもメジャーなクレジットカードです。

CMも良く流れていますし、まったく聞いたこともないという方は、ほとんどいないのではないでしょうか。

「楽天クレジットカードに興味はあるんだけど、いまさらな気がしてちょっと聞きにくい」
「楽天カードって多くの人が持ってるみたいだけど、どんな使い方しているんだろう?私の生活範囲でもお得なのかな?」

このように思うことはないでしょうか。

この記事では楽天カードの基本情報とお得な使い方、ポイントの使い道についても紹介します。

※楽天カードには普通の楽天カードの他にゴールドカードやプレミアムカード

 

 

 

 

楽天プレミアムカードについての記事もご参考にしてください。

楽天カードと何が違う?楽天プレミアムカードにする事で得られるメリットを解説

女性向けのPINKカードなど何種類かのカードがあります。

今回は普通の楽天カードについて解説します。

【楽天カードの基本情報】

・年会費:永年無料

・ポイント:楽天ポイント(通常ポイント、期間限定ポイント)

・ポイント還元率:1%還元(100円につき1ポイント)

・国際ブランド:Mastercard、VISA、JCB、American Express

・タッチ決済:Mastercard、VISAのみ対象

・付帯機能:楽天ポイントカード付帯、楽天Edy(電子マネー)選択可能

【お得な使い方3選】

①楽天市場での支払い

楽天市場での支払いを楽天カードで行うとポイントが最大3%になります。

・楽天市場利用ポイント1%
・カード利用通常ポイント1%
・SPU(スーパーポイントアッププログラム)が+1%

※SPUとは楽天が提供する対象サービスの条件を達成することで、楽天市場でのお買い物がポイントアップするプログラムです。

対象サービスは楽天カードをはじめ、楽天モバイル、楽天証券など色々あります。

また、対象サービス以外にも様々な楽天サービスがあり、これらを総称して楽天経済圏ともよばれています。

②楽天Edy(電子マネー)で利用

・楽天Edy(合計1%還元)

楽天カードで楽天Edyにチャージすると、200円ごとに1ポイント(0.5%)、
楽天Edy支払い200円ごとに1ポイント(0.5%)貯まります。

③楽天ペイ(QRコード決済)で利用

・楽天ペイ(合計1.5%還元)

楽天カードで楽天ペイにチャージ(楽天キャッシュという残高に反映)すると、200円ごとに1ポイント(0.5%)、
楽天ペイ(楽天キャッシュ)で支払い100円ごとに1ポイント(1%)貯まります。

【ポイントの使い道】

ポイントには通常ポイントと期間限定ポイントがあります。

・通常ポイント:カードの支払いに充てる、楽天Edyにチャージする。

・期間限定ポイント:楽天ペイにチャージする。

楽天Edy、楽天ペイそれぞれポイントチャージ分も支払いに対してポイントが還元されます。
つまり、ポイントでポイントがもらえることになります。ポイントの使い道として、とてもおすすめです。

【まとめ:作って損することはない、誰にでも使いやすいカード】

楽天カードは2020年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で12年連続第1位に選ばれています。
(公益財団法人日本生産性本部サービス産業性協議会発表)
このことからも楽天カードの人気ぶりがうかがえます。

楽天カードは年会費永年無料、ポイント還元も基本1%と高還元です。

さらに楽天経済圏を利用すると更にお得度が上がります。

最初の設定は少し面倒かもしれませんが、一度設定してしまえば自動的に適用されます。

対象サービスを利用すればSPUもアップし、楽天市場でのお買い物でポイントがザクザク貯まります。

街でのお買い物は、楽天Edyや楽天ペイがおすすめ。

楽天カードからのチャージでも、貯まったポイントをチャージしてもポイントの2重取りができてとってもお得です。

楽天カードは楽天市場をはじめとした楽天経済圏サービスでの利用だけでなく、
電子マネー(楽天Edy)、QRコード決済(楽天ペイ)といろいろな決済方法と併用できるため、使う人や場所を選びません。

ぜひ持っていたい1枚です。

クレジットカード自体について知りたい方はコチラの記事も参考にしてください。
クレジットカードの利用に不安を抱えている方へ、使い過ぎ対策(リボ払い・分割払い)と不正利用対策を解説します - (noburingo.com)

-クレジットカード

© 2021 キャッシュレス専門ブログ NobuRingo Powered by AFFINGER5