プリペイドカード

【プリペイドカードとは】ネットショッピングやコンビニで使える?クレジットカードとの違いを解説

テレホンカードから始まったプリペイドカード、
最近はチャージして何回もくり返し使えるものなどもあり、
使えるシーンも増えています。

「どんな場所で使える?」
「ネットショッピングでも使えるの?」

など戸惑っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、プリペイドカードの種類や特徴、いろいろな使い方についてご紹介します。

また、最後におすすめのプリペイドカード2選も紹介します。

【プリペイドカードの特徴と種類】

プリペイドカードの一番の特徴は前払い方式であることです。

前払い方式であることから、信用調査の必要がなく、カードによっては年齢制限のないもなど様々です。

年会費などもなく、無料で発行できるカードも多いです。

プリペイドカードは大きく分けると、使い切り型とチャージ型に分類できます。

チャージ型はさらに、交通系、流通系、ブランド付きの3種類に分かれます。
それぞれについて説明します。

①使い切り型

使い切り型の代表は図書カードやQUOカードです。

最初に1,000円、3,000円など決まった金額分のカードを購入します。
最初に購入した金額分を使い切ったらおしまいです。

金額と用途が選べ、デザインも豊富にあるため、プレゼントなどにもおすすめです。

②チャージ型
<1.交通系>

SuicaやICOCA、PASMOなどです。多くの方が利用されています。

公共交通機関で利用できるのはもちろん、
対応店舗も多くかざすだけで決済ができ、とても便利です。

クレジットカードと紐づけることで、オートチャージが設定できるものもあり、
設定しておくと改札で止められることがなく安心です。

<2.流通系>

nanacoやWAON、楽天Edyなどで、コンビニやショッピングセンターなどの加盟店で利用できます。

また、カードの発行会社のグループ店舗ではポイントがもらえたり、
割引サービスが受けられたりと、お得に利用できることもあります。

<3.ブランドプリペイドカード>

VISAやマスターカード、JCBなどの国際ブランドがついたプリペイドカードです。

クレジットカードブランドデビットカードと同じく、
各ブランド加盟店で利用できるため、使い勝手が良いです。

チャージすることで繰り返し使うことが可能で、
ポイントが貯まったり、キャッシュバックがあったりと特典もあります。

【使い方と注意点】

いろいろな種類を紹介してきましたが、
ここでは使い勝手の良いブランドプリペイドカードの使い方と注意点について解説します。

<使い方>

①カード会社に申し込み、カードを発行します。

②クレジットカードや銀行ATM、コンビニなどでチャージをします。

③加盟店で利用します。

チャージ金額が少なくなってきたら、
再びチャージをすることで、くり返し使うことができます。

チャージ金額以上は使えないことから、
使い過ぎも防げますし、ポイントが貯まるものもあります。

また、国際ブランドの加盟店であれば、
海外でも利用できますし、カード番号が発行されるので、ネットショッピングでも利用可能です。

<注意点>

決済できないものがあります。

デビットカードと同じで、
ガソリンスタンドや高速道路の料金、月々の公共料金などは基本的に決済できません。

ただ、最近ガソリンスタンドでは利用できる店舗も増えてきています。

使いたいお店がある人は確認してみましょう。

支払い方法は一括支払いのみで、リボや分割払いはできません。

【おすすめのプリペイドカード2選】

dカードプリペイド

・審査がなく、年会費、発行手数料無料で12歳以上から発行できます。

・電子マネーiDとマスターカードブランドが搭載されているため、使えるシーンが豊富です。

・ポイントの基本還元0.5%がたまり、マツモトキヨシグループなどの特約店ではプラス還元も受けられます。

IDARE(イデア)

2021年4月に提供開始された新しいモバイルフィンテックサービスで、使う・貯める・借りるがひとつのアプリで完結します。

使 う
会員登録と同時にバーチャルVisaプリペイドカードが即時発行されインターネット決済で利用できます。

希望によりリアルカードの発行もでき、実店舗での利用も可能です。

貯める
自分好みのルール設定で、決済のたび端数を自動で貯める機能があり
、貯めた金額に毎月ボーナスポイントがもらえます。

貯金が苦手でも着実に貯めることができます。

借りる
利用申請後、本人確認をすると独自の審査で与信枠が設定されます。

残高がない場合でも与信枠内でVisaプリペイドカードによる決済が可能です。

【まとめ:プリペイドカードは幅広い年齢層、いろんなシーンで利用できるキャッシュレス決済です】

プリペイドカードは前払い方式の為、審査がなく幅広い年齢層で利用可能な上、
チャージ金額までしか利用できないため、使い過ぎの心配もありません。

使い切り型はプレゼントにも最適です。

交通系はすでに多くの方が利用していますし、
流通系やブランドプリペイドカードではポイント還元があったりと、現金で買い物するよりもお得に利用できます。

また、イデアのような新しいサービスが盛り込まれたプリペイドカードも増えています。

どんどん進化し、多様化するプリペイドカード、自分に合う使い方を見つけてみてください。

-プリペイドカード

© 2021 キャッシュレス専門ブログ NobuRingo Powered by AFFINGER5