NFC決済

NFC決済とは一体どんな決済方法?日本国内で増えつつある国際基準の決済方法について解説

「NFC決済とかNFCPayって聞いたことはあるけど、なんのことかよくわからない」

「キャッシュレス決済に関係ありそうだけど、コンタクトレス決済とかタッチ決済と同じもの?」

そんな疑問をお持ちではないでしょうか。

簡単に結論をお話しすると、NFCとはシステムのことで、

タッチ決済やコンタクトレス決済は、NFCのシステムを使った決済手段ということです。

タッチ決済、コンタクトレス決済、非接触決済は基本的に同じ意味ですので、タッチ決済に統一して話を進めていきます。

この記事ではNFCのシステムと、今どんどん導入が進んでいるクレジットカードのタッチ決済について、詳しく解説していきます。

【NFCとは】


NFCとは“Near field communication”の略
で、日本語に訳すと近距離無線通信となります。

近くの機器同士で無線通信が行える技術のことで、ICチップの通信と機器同士の相互通信ができます。

Suicaを改札にかざして通れるのは、この技術のおかげです。

NFCには主に3つの規格があり、様々な場面で利用されています。
3つの規格と具体例は次の通りです。

①FeliCa(Type F):Suicaをはじめとした各種電子マネーなど

②Type A:Taspo(たばこの自動販売機で利用する成人識別カード)など

③Type B:マイナンバーカード、運転免許証、パスポート等

日本で多く使われているタッチ決済はFeliCaです。FeliCaを使った決済は電子マネーを一度経由する形になります。

電子マネーは国内でしか使えないため、海外では利用できないというデメリットがあります。

一方、海外で主流のタッチ決済は上記TypeA、TypeBの2つを合わせてTypeA/Bと呼ばれています。
NFC Payと呼ばれるのもこの決済方法と思ってよいでしょう。

この決済方法は電子マネーを通さず、直接クレジットカードで決済できるため、海外の加盟店でも利用することができます。

なお、ApplePay、GooglePayは3つの規格それぞれに対応しています。

【クレジットカードのタッチ決済】

訪日外国人の利便性向上やキャッシュレス推進の動きから、国内でもTypeA/Bのタッチ決済の普及が加速しています。

このタッチ決済は国際ブランドによって、それぞれVisaタッチ決済、Mastercardコンタクトレス、JCBコンタクトレスと呼ばれています。

Type A/Bのタッチ決済対応カードの例としては三井住友カードやdカード、イオンカードなどがあります。

また、対応している主な店舗は大手コンビニ3社(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)や、マクドナルド、
ドトールコーヒーなどがあります。

こちらのYouTubeでも紹介していますので、参考にしてみてください。

タッチ決済に対応しているかどうかの確認はWi-fiマークを横に倒したような形のロゴ(リップルマークといいます)が目印になります。

クレジットカードであれば表面に印刷されていますし、対応している店舗には支払い方法一覧などにリップルマークが載っています。

【まとめ:NFC決済を上手に活用しましょう】

まだまだ知らない人が多いNFC決済ですが、グローバル化、キャッシュレス化の波に乗り、どんどん普及していきそうです。

その証拠に、対応するクレジットカードも増えていて、新しく発行されるクレジットカードやデザインが新しくなるカードなどは
タッチ決済に対応しているものが多いです。

そんな中、おすすめのクレジットカードを1枚紹介したいと思います。
それは三井住友カード(NL)です。
国際ブランドはVisaとMastercardが選べて、どちらもタッチ決済に対応しています。

そしてこの三井住友カード(NL)はセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、マクドナルドで、
タッチ決済で支払いすると5%のポイント還元を受けることができます。

年会費も永年無料ですから、NFC決済対応のクレジットカードが欲しい方にはおすすめです。

これを機にNFC決済を使ってみませんか?

-NFC決済

© 2021 キャッシュレス専門ブログ NobuRingo Powered by AFFINGER5